空室を直前予約するなら

「今日泊まれる宿」が、かんたんに見つかるホテル予約サイト【3選】

忘年会だとか、新年会だとか、残業だとかで「今、すぐ眠りにつきたい」ってなとき、ありますよね。
そんなときに、楽に「今日泊まれる宿・ホテル」が見つかるホテル予約サイトをシェアします( ̄ー ̄)o゛


1.日本のリクルート運営「じゃらん」さん

2.地図で一覧表示「agoda」さん

3.地図+検索機能が充実!「Booking.com」さん


1.日本のリクルート運営「じゃらん」さん

「じゃらん」さんには「今日の宿」という特集があります。
TOPページのオレンジの「宿・ホテル予約」アイコンの下にある「今日の宿(月と星のマーク)」をタップしましょう。

「エリア」ではなく「現在地」からホテルを検索できるのが、嬉しい( ̄▽+ ̄*)
今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

部屋数、人数をいれ「現在地を指定」をタップすると
検索結果が表示されます。

今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

「今から泊まれるホテル」が表示されますヽ( ̄▼ ̄*)ノ

管理人が調べたときには、デフォルトで「近い順」に並べられていました。
「安い順」に並べ替えもできるので、歩く距離と、懐具合を比較してあなたに合うホテルを選択し、さくっと予約をしましょう。

▼「今日泊まれる宿」を検索

【じゃらん】今夜の宿


2.地図で一覧表示「agoda」さん

次におすすめなのは「agoda」さんです。
「agoda」さんは、海外旅行をツアーに参加せずに、自分でアレンジする旅人に人気のサイトです。

今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

TOPページの検索画面で「現在地周辺を探す」が表示されています。
人数、(あれば)絞り込み条件を入力して「検索」をタップ。
「距離(が近い順)」に、検索結果が表示されます。

今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

「agoda」さんの使いやすいところは「リスト」に加え「地図」で表示できること。
地図で位置を確認して、マークをタップすると、画面下部に、ホテルの、お値段、口コミの評価など「ホテルの概要」が表示されます。

距離や場所から目安をつけ、いくつかホテルをタップし、宿泊料金を比較することができます。
気に入ったらホテルを見つけることができたら、詳細を確認して予約をとりましょう。

▼「今日泊まれる宿」を検索

空室のあるホテルのみ表示するので楽々ホテル予約。


3.地図+検索機能が充実!「Booking.com」さん

「Booking.com」さんは、検索機能が充実しています。
こちらも、日本国内での知名度は今ひとつですが(; ̄ー ̄A、海外旅行に慣れた方に愛用されるホテル予約サイトです。

<今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

「Booking.com」さんは、検索画面のデフォルトでは「現在地」は設定されていません。
が、目的地入力で「現在地周辺」を選ぶことができます。

今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

検索結果は「距離(が近い順)」に並べられています。
もちろん「本日のセール」「料金(安〜高)」などに並び替えもできます。

agodaさんと同様に、地図表示もできます。

今すぐ泊まれるホテル【この近くの宿が見つかる<予約サイト3選>】

タップで「ホテルの概要」を表示させることができます。
「ホテルの概要」に「前払い不要」などの支払いに関する情報が表示されているのが便利です。
「クレジットカード不要」のホテルが多いのが、「Booking.com」さんの特徴のひとつです。

あとは、流れに沿って予約をとり、スキップしながらホテルに向かいましょう(* ̄∇ ̄)ノ

▼「今日泊まれる宿」を検索

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


対象エリア:
北海道:札幌/函館
東北:仙台/盛岡
東京:新宿/池袋/渋谷/上野/立川
関東:横浜/熱海/伊豆/箱根/大宮
甲信越/新潟
中部/名古屋
近畿:京都/梅田/神戸/和歌山
四国:高知
中国:広島/岡山
九州:福岡/大分/鹿児島/熊本
沖縄:

「今日泊まれる宿」が、かんたんに見つかるホテル予約サイト【3選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>